コミケに行ってみたい!でも何をすれば良い?

コミックマーケット(通称コミケ)に初めて行こうと思っている方に向けて、コミケの基礎~参加までの注意点等をまとめています。初めてだとわからない事だらけだと思いますので参考にしていってくれたら嬉しいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

コミケに行ってみたい!でも何をすれば良い?

コミケ1
アニメや漫画が好きでコミケに行ってみたいという方や自分の好きな作家さんや
絵師さんが参加している方行ってみたいなど、色々な動機でコミケに参加してみたい
という方が多いと思います。

しかし、何をすれば良いかわからない・・・
そもそもめちゃくちゃ人が来るって言うし、ちゃんと買えるんだろうかなど
心配になる方もいますよね。

それもそのはず、
コミケの参加者数は3日間で50万人以上、個人やサークルの
参加数は3万5000、出展企業も140社を超える、日本最大級の同人イベントに
なります。

昔からオタクに対する世間の風当たりは冷たく、冷ややかな目で見られることも
多かったですが、今では今やテレビにも取り上げられお茶の間にも知られ渡るくらいの
規模にまで成長したコミックマーケット。

ホント少し前じゃ考えられないですよね(笑)

しかし、そもそもコミックマーケット(以下コミケと略します)って何?とお考えの方も
いらっしゃると思いますので、解説していきます。

スポンサードリンク

コミックマーケット(通称コミケ)とは?

コミケ2
コミックマーケットは世界最大の同人誌即売会であり、屋内で行われるイベント
(展示会なども含む)としても最大規模を誇るイベント。

~理念~

現在のコミックマーケットが、理念として掲げているのは以下の内容です。(以下引用)

コミックマーケットは同人誌を中心としてすべての表現者を許容し継続することを
目的とした表現の可能性を広げる為の「場」である。
コミックマーケットは、サークル参加者、一般参加者、スタッフ参加者、企業参加者等全ての参加者の
相互協力によって運営される「場」であると自らを規定し、これを遵守する
コミックマーケットは、法令と最低限の運営ルールに違反しない限り、一人でも多くの表現者を
受け入れることを目標とする
コミックマーケットは、全ての参加者に取って「ハレの日」であることを願い、継続を最大の役割として
行動する


自分の感性や世界観を見てもらえる場としてコミケがあるとの事なので絵師さんの方から
すると非常に嬉しいですよね。

今や、SNSがあるから前よりは自分の作品が人の目に止まりやすくなったものの、それでも
実力のある絵師さんはまだまだいるのが現状・・・

このような場から日の目があたる「ハレの日」になれば良いなと個人的には思います。

話が脱線してしまいそうなので、興味のある方については、ウィキペディアにわかりやすい解説が
ございますので、ひとまずそちらでご覧頂ければと思います。
コミックマーケット - Wikipedia

何よりもまずコミケに行ってみたいから具体的な内容を把握したい、とお考えの方は、
コミケのオフィシャルサイトをご覧頂くことをオススメします。
コミックマーケット公式サイト

オフィシャルサイトの中には、コミケが何年何月何日にどこで開催されるのか、
コミケ会場へは途中駅からどのように向かえばよいか、カタログはどこで購入することが
出来るのか、何日目にどのようなカテゴリーの同人誌が販売されているのか、等といった
コミケの基礎的な内容が事細かに書かれています。

次に、コミケに実際に足を運んでみよう、と思っている方については、
コミケのカタログを買ってみることをオススメします。

コミケのカタログにつきましては、コミケに参加する時に大事なルールやマナー、
気になるサークルが会場内のどこで出展されているのかという配置図や、
会場内で必要不可欠な情報が事細かに書かれた、まさにコミケに参加するには
欠かせないバイブルと言っても過言ではないでしょう。

冒頭でも触れたようにコミケの参加者数は3日間で50万人以上、個人やサークルの
参加数は3万5000、出展企業も140社を超える、日本最大級の同人イベントになりますので、
全て回るということは諦めた方が良いです・・・

自分の好きな作家さんですとか作品のスタイルが好きな方などを予めピックアップし、
効率良く回る為のルートを確保する為にもカタログを用いることも多いです。

また、年に2回しか無いイベントですし、買っておくことで記念にもなります。
※もちろんカタログを買わなくてもコミケに参加することは可能です。
ご安心ください。

スポンサードリンク

最後に


コミケのカタログは、いわばコミケという僕らのにとって某夢の国を
快適に効率良く回る為のの地図に近いものなので、
今まで行ったことがないけどコミケに足を運んでみようかなと考えている方は、
ぜひともお買い求めて頂き、穴が空くまでじっくりと読んでみてください。

コミケは作品を買いに行くという反面お祭りに参加するような気持ちで
何となく行く方も多いです。

そこで作品との運命の出会いを果たすこともありますので、まずは
足を運んでみることをオススメします!

スポンサーリンク

関連記事
スポンサーサイト
Copyright © コミケとは? ~コミケ初心者の為のガイドブック~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。